大田区、目黒区、世田谷区、川崎市エリアの皮膚と耳専門の動物病院です。カフェトリミングサロンを併設しています

東京都大田区田園調布1-61-10

TEL.03-6459-7555

診療時間
10:00-19:00 - -

※月曜・金曜はカフェのテイクアウト営業のみ
休診日:月曜・金曜  ※日・祝日診療可 ※完全予約制

未分類

今が旬のぶどう🍇 の危険性⚠️

今が旬のぶどう🍇‼︎

 

8月から10月頃はぶどうが最も多く出回る時期ですが、それと同時に犬猫にとって気をつけなければならない時期でもあります‼︎

 

犬猫にぶどうを食べさせてはいけない、というのはもう皆さんご存知ですよね⁈

そこで、改めてぶどうの危険性について説明します💡

 

 

<症状>

 

ぶどうを食べてしまった犬猫は、ぶどう中毒を起こします。

ぶどう中毒の症状は食べてから2時間~5時間と言われており、嘔吐、下痢、食欲低下、腹痛、が見られます。

 

そして腎不全を起こします。

腎不全を起こした犬猫は、脱水症状、意識の低下、食欲不振、多飲多尿から突然尿を産生する機能が停止し、欠尿~無尿が生じます。

 

<ぶどうに似た食べ物>

 

ぶどうの皮や、ぶどうの果汁が使われているジュース、マスカット、レーズンを食べたりしても中毒は起こります。

 

また、レーズンはぶどうの成分が凝縮されているため、皮付きぶどうよりも中毒を起こす可能性が高いと言われています。

 

 

<対処法>

 

犬猫がぶどうを食べてしまい、例え目立った症状が出ていなかったとしてもすぐに動物病院へ行きましょう💡

 

ぶどうを摂取したことにより腎不全を発症し、最悪の場合死に至ることもあります。

急いで治療しなければ命に関わる怖い病気のため、ぶどう一粒だから、とか元気そうだし、という飼い主さんの判断でそのままにしないようにしましょう‼︎

 

 

<注意すること>

 

飼い主さんが食べているのを盗み食いしたり、テーブルの上にぶどうを置きっぱなしにしている、食べた後の皮をそのまま置いておく、ということがないよう注意をしましょう!

 

またレーズンの入っている食べ物を食べる時、ぶどうジュースなども注意が必要です🍇🚨

 

Information