大田区、目黒区、世田谷区、川崎市エリアの皮膚と耳専門の動物病院です。カフェトリミングサロンを併設しています

東京都大田区田園調布1-61-10

TEL.03-6459-7555

診療時間
10:00-19:00 - -

※月曜・金曜はカフェのテイクアウト営業のみ
休診日:月曜・金曜  ※日・祝日診療可 ※完全予約制

ステロイド皮膚症

皆さまこんにちは。

緊急事態宣言も明け、社会が動き始めましたが、どのようにお過ごしですか?

hiff cafe tamagawaはコロナ対策を様々行いながら、病院の方は予約診療を継続して行ってます。
スタッフ皆元気でお出迎えしてます🐶

さて、今日はhiff cafeならではの、少し変わった皮膚病をご紹介したいと思います。

それは ”ステロイド皮膚症” というものです。

”ステロイド”というと皆さまどのような印象をお持ちでしょうか?
やはりあまり使いたくないなとか、怖いんじゃないか、とかありますか?

いわゆるステロイドとは体にある副腎という内臓で作られる副腎皮質ホルモンを合成して作った薬剤で、強い抗炎症作用、抗アレルギー作用を持ち、皮膚病の他様々な病気に使われているお薬です。

内服(飲み薬)で使う場合は
・糖尿病を起こしやすくなる
・尿量が増える
・太りやすくなる(食欲も亢進する)
などの副作用もあり注意して服用する必要があります。

外用(塗り薬)で使用する場合は上記の副作用はほとんど見られず、効かせたい部位にのみ効果的に働くため、当院も含め皮膚科領域では多く使用することがあります

一部で噂される「黒くなる」「癖になる」「一生全身に影響が残る」などは、誤解や使い方の悪さによるもので、通院しながら他の治療法と組み合わせて上手に用いれば非常に効果的に心配なく使用することができます。

ところが!!

「皮膚病ですか?じゃあ、これね。」

と処方されたものを漫然と多量に使い続けた場合には、
今日ご紹介する

” ステロイド皮膚症 ”

になってしまうことがあるかもしれません。

次の写真は他院で数年にわたり、1日に何回もステロイドの塗り薬を塗っていた症例です。

皮膚は薄くなり血管が透けて見えます。赤味が引かず、薄いフケが多くみられます。

皮膚は傷つきやすく、簡単な傷が治りにくいといった症状が認められます。

塗り薬を中止し、もっと優しい治療法に変更して数カ月で完治しました。

最近、ステロイドを塗って何時間か付け置きして洗い流すという治療法が一部で流行っていますが、軽い皮膚病にこの強いやり方を繰り返した場合も同じような症状になってしまうことがあります。何度か同じ治療をして上手くいかない場合は、違う原因や、違う治療法を探してみるといった工夫も大事ですね。

hiff cafeでは初期にはステロイドも使用しますが、通院していただきながら他の治療法と組み合わせ、最小用量の処方を探るお手伝いをしています。

文責;水曜日、木曜日午前中担当 山本 真紀子

Information

ステロイド皮膚症

皆さまこんにちは。

緊急事態宣言も明け、社会が動き始めましたが、どのようにお過ごしですか?

hiff cafe tamagawaはコロナ対策を様々行いながら、病院の方は予約診療を継続して行ってます。
スタッフ皆元気でお出迎えしてます🐶

さて、今日はhiff cafeならではの、少し変わった皮膚病をご紹介したいと思います。

それは ”ステロイド皮膚症” というものです。

”ステロイド”というと皆さまどのような印象をお持ちでしょうか?
やはりあまり使いたくないなとか、怖いんじゃないか、とかありますか?

いわゆるステロイドとは体にある副腎という内臓で作られる副腎皮質ホルモンを合成して作った薬剤で、強い抗炎症作用、抗アレルギー作用を持ち、皮膚病の他様々な病気に使われているお薬です。

内服(飲み薬)で使う場合は
・糖尿病を起こしやすくなる
・尿量が増える
・太りやすくなる(食欲も亢進する)
などの副作用もあり注意して服用する必要があります。

外用(塗り薬)で使用する場合は上記の副作用はほとんど見られず、効かせたい部位にのみ効果的に働くため、当院も含め皮膚科領域では多く使用することがあります

一部で噂される「黒くなる」「癖になる」「一生全身に影響が残る」などは、誤解や使い方の悪さによるもので、通院しながら他の治療法と組み合わせて上手に用いれば非常に効果的に心配なく使用することができます。

ところが!!

「皮膚病ですか?じゃあ、これね。」

と処方されたものを漫然と多量に使い続けた場合には、
今日ご紹介する

” ステロイド皮膚症 ”

になってしまうことがあるかもしれません。

次の写真は他院で数年にわたり、1日に何回もステロイドの塗り薬を塗っていた症例です。

皮膚は薄くなり血管が透けて見えます。赤味が引かず、薄いフケが多くみられます。

皮膚は傷つきやすく、簡単な傷が治りにくいといった症状が認められます。

塗り薬を中止し、もっと優しい治療法に変更して数カ月で完治しました。

最近、ステロイドを塗って何時間か付け置きして洗い流すという治療法が一部で流行っていますが、軽い皮膚病にこの強いやり方を繰り返した場合も同じような症状になってしまうことがあります。何度か同じ治療をして上手くいかない場合は、違う原因や、違う治療法を探してみるといった工夫も大事ですね。

hiff cafeでは初期にはステロイドも使用しますが、通院していただきながら他の治療法と組み合わせ、最小用量の処方を探るお手伝いをしています。

文責;水曜日、木曜日午前中担当 山本 真紀子