MENU

グレインフリードッグフードおすすめ20選【獣医師監修】安い・国産・市販の人気商品を徹底紹介!

PR

「グレインフリーのドッグフードが気になるけど、種類が多くて選び方が分からない」

「グレインフリードッグフードを与えるメリットは何?」

このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

消化がしやすく、穀物によるアレルギー反応を起こしにくいと人気を集めているグレインフリードッグフードは、最近では種類も多くどれを選ぶべきか悩む方も多いでしょう。

ただし、「グレインフリーのドッグフードだから安全」「グレイン(穀物)はからだに悪い」というわけではありません。

穀物の種類によっては良い栄養補給源にもなるので、愛犬の体質に合わせて選ぶのが重要です。

本記事では、おすすめのグレインフリードッグフードを紹介します。

選び方やメリット・デメリットについても解説しているので、お悩みの飼い主さんはぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を監修した獣医師
後藤 慎史先生 幼少の頃からアメリカ、カナダ、オーストラリア、日本と様々な国々、文化の中で育つ。愛知県の高校を卒業。2009年酪農学園大学獣医学部を卒業と同時に獣医師免許取得。愛知県および都内の動物病院で働きながら、東京農工大学動物医療センターにて、皮膚科研修。2016年、Enrich Japan 株式会社を小林、久保と共に設立。日本初、「カフェ×トリミングサロン×動物病院(皮膚と耳専門)」の新形態店舗を創業。都内に限らず、関東、東北、中部地方などから訪れる皮膚や耳の病気の診療を行う。2019年北川犬猫病院の院長に就任。アジア獣医皮膚科学会理事。
掲載しているサービスは編集部が独自に調査を行ったうえで、評価を行いランキング化しています。
目次

グレインフリードッグフードの特徴・効果

グレインフリードッグフードには、穀物の消化が苦手な犬の消化不良を防ぐ効果や、アレルギー性疾患においてリスク回避ができる特徴があります。

犬のアレルギーは食べ物が引き起こしている場合も多く、その一つに穀物によるアレルギーが挙げられます。

グルテンフリードッグフードは穀物を使用していないので、消化トラブルを未然に防ぎアレルゲンになりやすい食材を避けられるのです。

一般的に以下の穀物を使用していないものをグレインフリーといいます。

  • 小麦
  • とうもろこし
  • その他イネ科食物

ただし、アレルゲンになりやすいのは主に生の穀物の場合です。

ドッグフードに含まれる穀物は犬の消化を考えて加工されているものが多いので、食べても消化に問題のない場合も多いです。

むしろ穀物の中には食物繊維やミネラル・ビタミン等、犬の健康に必要な栄養素も含まれているものもあるので、「穀物は犬の健康に悪い」と決めつけるのはよくありません。

ドッグフードの成分や愛犬の体質を考慮し、グレインフリードッグフードを与えるようにしましょう。

グレインフリードッグフードを選ぶポイント

ここではグレインフリードッグフードを選ぶポイントを紹介していきます。

選び方として、押さえておきたいポイントを4つにまとめたので確認してみましょう。

主原料が高タンパク質

主原料が良質なタンパク質であるドッグフードを選びましょう。

グレインフリードッグフードは穀物を使用していないため、基本的に肉や魚などの動物性タンパク質を主原料としています。

動物性タンパク質は消化吸収が良く、体内に老廃物を蓄積しにくいため良質なものが多いのですが、中には死亡した動物や、原材料が不明確なタンパク質を使用しているものもあります。

どのようなタンパク質が使用されているかしっかり確認し、主原料が高タンパクなものを選ぶようにしましょう。

不要な添加物が含まれていない

健康維持のために必要な添加物と、不要なものがあります。

ドッグフードには栄養添加物(酸化防止剤や保存料)が欠かせないため、完全無添加の商品は少ないのですが、なるべく天然由来成分を使用しているドッグフードを選ぶと安心です。

不要な添加物は犬の健康によくない上に、消化の妨げになる可能性があります。

下記の添加物が含まれている商品は注意が必要です。

  • 合成保存料
  • BHT
  • BHA
  • 着色料
  • 香料
  • ソルビン酸カリウム、など

原材料や製造元の情報が記載されている

下記のような原材料・製造元情報があるか確認しましょう。

  • 原材料の品質
  • 仕入れ先
  • 製造工場
  • 製造過程
  • 販売会社

ドッグフードは、細かい情報開示の義務がないため原材料や製造過程の情報などが明記されていない場合も多くあります。

大事な愛犬に与える餌が、どんな材料でどのように製造されているのか分からないのは不安ですよね。

公式ホームページに記載がある場合もあるため、情報を確認し安全だと思えるドッグフードを選ぶと良いでしょう。

ヒューマングレードだとなお良い

「ヒューマングレード」とは、人間も食べられる基準で作られている商品を指します。

原材料はもちろん、製造や包装・保管方法も含まれています。

ヒューマングレードと記載があれば100%安全という保証はありませんが、ひとつの判断基準にすると良いでしょう。

グレインフリードッグフードおすすめ20選

特におすすめのグレインフリードッグフード20商品を口コミと共に紹介します。

ぜひ愛犬に合うドッグフードを見つけて使用してみましょう。

1位:モグワン

価格 通常価格:4,708円(税込)
※通販限定最大20%の割引あり
原材料 チキン、サーモン、芋、ココナッツオイル、りんご、かぼちゃ、海藻など
原産国 イギリス産
カロリー 361.5kcal/100g
対象年齢 全年齢

食物アレルギーが心配なワンちゃんにおすすめの「モグワン」は、穀物の消化が苦手な犬のために作られたグレインフリーのドッグフードです。

穀物の代わりにサツマイモやエンドウ豆を配合し、犬のからだにやさしいレシピになっています。

原材料がすべてしっかり明記されているのも安心ですね。

もちろん不要な添加物も不使用で、厳選されたヒューマングレードの食材を使用しています。

愛犬にグレインフリーのフードを与えたい方はぜひ試してみてくださいね。

モグワン詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

モグワンの口コミ

2位:犬猫生活ドックフード

価格 初回限定定期便:980円(税込)
2回目:5,258円(税込)
通常価格:6,908円(税込)
原材料 鶏肉、和牛、鶏レバー、魚、さつまいも、マグロオイル、トマトなど
原産国 国産
カロリー 340kcal/100g
対象年齢 全年齢

国産無添加・グレインフリー・ノンオイルコーティングと三拍子揃った「犬猫生活ドッグフード」。

穀物の消化が苦手な犬のために作られたドッグフードです。

国産の生鶏肉や天然鹿肉など動物性タンパク質を主原料とし、高タンパク質がたっぷり配合されています。

不要な添加物は使用せず、食材はすべて人も食べられるヒューマングレード処方。

原材料はすべて記載されており、それぞれの原産地も明記されているのでより安心して愛犬に与えられますね。

犬猫生活ドッグフード詳細ページはこちら


Amazonで見る

犬猫生活の口コミ

3位:ペトコト

価格 1,100円(税込)2パック
※定期便登録で初回30%オフあり
原材料 鶏肉、豚肉、小松菜、カボチャ、キャベツ、にんじんなど
原産国 国産
カロリー 148kcal/100g
対象年齢 全年齢

保存料着色料不使用のフレッシュフード「ペトコト」。

安心安全な国産食材を国内のキッチンで仕上げています。

素材にこだわったフレッシュフード(ウェットフード)なので新鮮な食材を愛犬に与えられます。

また、フレッシュフードにはがんリスクを軽減させたり、免疫力保持などの効果もあるのでうれしいですね。

原材料の99%以上に自然食材を使用し、良質な国産鶏肉を高タンパクかつ脂身を少なく使用しているので、脂質が気になる犬にもおすすめです。

ペトコト詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

ペトコトの口コミ

4位:カナガンドックフード(チキンウェットタイプ)

価格 3,520円(税込)
原材料 チキン、サツマイモ、チコリー、バナナ、にんじん、ブロッコリーなど
原産国 ドイツ産
カロリー 105.82kcal/100g
対象年齢 全年齢

グレインフリーのドッグフードをお探しなら「カナガンドッグフード(チキンウェットタイプ)」もおすすめです。

穀物の消化が苦手な犬のために、グレインフリー処方はもちろん香料・着色料も不使用

人間の食事と同じレベルの食材を使用したヒューマングレードのドッグフードになります。

主原料には上質な平飼いチキンを使用し、さらに緑イ貝も含まれているので高タンパクで栄養もたっぷりです。

新鮮なウェットフードタイプなので、食いつきの良さも期待できます。

カナガンドッグフード(チキンウェットタイプ)詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

カナガンドッグフード(チキンウェットタイプ)の口コミ

5位:安心犬活

価格 初回限定:1,650円(税込)
通常価格:3,795円(税込)
原材料 鶏肉、牛肉、馬肉、豚レバー、魚肉、さつまいも、海藻、クランベリーなど
原産国 国産
カロリー 360kcal/100g
対象年齢 全年齢

「安心犬活」は、犬の健康を考え抜いて作られたドッグフードです。

全犬種・オールステージ対応の安心犬活は、国産無添加で小麦グルテンフリー処方

ヒューマングレードの厳選した食材を使用しているので、愛犬にも安心して与えられます。

動物性生肉を中心とした良質なタンパク質を主原料としており、野菜や果物など栄養素も豊富です。

涙やけやアレルギーの原因になりやすい不要な添加物は一切使用せず、ノンオイルコーティングで作られているのもこだわりのひとつです。

安心犬活詳細ページはこちら


楽天市場で見る

安心犬活の口コミ

6位:アランズナチュラルドッグフード・ラム

価格 定期購入:4,237円(税込)
通常価格:4,708円(税込)
原材料 ラム、さつまいも、レンズ豆、そら豆、亜麻仁油、えんどう豆など
原産国 イギリス産
カロリー 342kcal/100g
対象年齢 全年齢

犬の消化に配慮し、穀物・乳製品・牛豚肉不使用を実現した無添加ドッグフード「アランズナチュラルドッグフード・ラム」。

主原料には低脂質で良質なグラスフェッドラム肉をたっぷり使用し、アレルゲンになりやすい食材は使用せずグレインフリー処方で製造されています。

原材料はすべて明記されているので、愛犬にも安心して与えられますね。

獣医師の93%がおすすめするナチュラルドッグフードです。

アランズナチュラルドッグフード・ラム詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

アランズナチュラルドッグフード・ラムの口コミ

注文したその日に届いてびっくりしました。

トイプードル11才のオスです。

胆嚢の病気になり、ご飯も少しでもいい物を食べさせたくて、いろいろ探してこの商品にたどり着きました。

食べむらが多く、普段は新しい物は警戒心が強いのですが、このご飯はすごく食いつきが良くて驚きました。

おやつにあげても食べてくれます。

いつも息子が味見するのですが「これは美味しい!」と言ってました。

お値段は少し高いのですが、続けてみようと思います。

引用先:Amazon

7位:クプレラ ホリスティックグレインフリー

価格 2,822円(税込)〜
原材料 魚類(ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)、サツマイモ、 魚油、 藻類(昆布)、モンモリロナイトなど
原産国 オーストラリア産
カロリー 325kcal/100g
対象年齢 全年齢

グレインフリーの総合栄養食「クプレラ ホリスティックグレインフリー」。

全成長段階の犬に対応できる、グレインフリーの総合栄養食です。

消化酵素、マルチビタミン、プロバイオティクス、10種類の必須アミノ酸を調理後に非加熱で配合しています。

種子(穀類、擬似穀類、豆類、コーン、果実等)を使用していないので、消化が苦手な犬や食後のトラブルが不安な犬にもおすすめです。

クプレラ ホリスティックグレインフリー詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

クプレラ ホリスティックグレインフリーの口コミ

オーガニックでぐれいんフリーで、ビタミンミネラル乳酸菌を配合しているドッグフードはおそらくこれだけ。

糖質の分解能力が低いうちのわんこはこれしか与えられません。

フードの質がいいからか、これを食べだしてから毛づやがよいと誉められます。

引用先:Amazon

8位:ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ シュープリーム

価格 3,960円(税込)〜
原材料 ワイルドボアー(イノシシ)、七面鳥、ポテト、ターキーレバー、ターキーハート、えんどう豆など
原産国 アメリカ産
カロリー 329kcal/100g
対象年齢 全年齢

グレインフリーのドッグフードをお探しの方におすすめしたいのが「ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ シュープリーム」。

穀物の消化が苦手な犬のために作られたグレインフリー処方のドッグフードで、ヘルシーなワイルドボアー生肉とターキー生肉をはじめとする動物性のお肉をたっぷり取り入れることで、飽きない美味しさを実現しています。

AAFCO成犬用栄養基準をクリアしている犬のためのプレミアムフードです。

ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ シュープリーム詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

ナチュラルハーベストプライムフォーミュラ シュープリーム口コミ

9位:ソルビダ グレインフリーチキン(室内飼育体重管理用)

価格 通常価格:2,838円(税込)〜
原材料 チキン生肉、乾燥豆類、乾燥サーモン、ジャガイモ、ひまわり油、タピオカ粉など
原産国 アメリカ産
カロリー 310kcal/100g
対象年齢 全年齢

食物アレルギー、穀物類の消化が苦手な犬のために作られたドッグフード「ソルビダ グレインフリーチキン」。

高品質なオーガニックチキンや厳選された野菜やフルーツを中心に作られており、アレルギーに配慮したグレインフリー処方となっています。

穀物の代わりに栄養価が高く消化に優れた豆類を使用し、効率的に栄養を吸収します。

油もひまわり油など健康に配慮した原材料が魅力の商品です。

低脂肪低カロリー設計なので、シニア犬やダイエット中の犬にもおすすめです。

ソルビダ グレインフリーチキン(室内飼育体重管理用)詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

ソルビダ グレインフリーチキン(室内飼育体重管理用)の口コミ

いつも美味しくいただいてます

ワンちゃんの好みもあると思いますが、この食事にすることで涙目線がなくなりました!

よかったらご検討ください

引用先:楽天市場

10位:プラペCP  チキン&ターキー

価格 3,950円(税込)
原材料 チキン&ターキー、ひよこ豆、さつまいも、卵、サーモンオイルなど
原産国 イギリス産
カロリー 364kcal/100g
対象年齢 7歳以上

13種類のスーパーフード入りドッグフード「プラペCP  チキン&ターキー」。

100%グレインフリー、ヒューマングレードで製造。

新鮮なチキン&ターキーを使用した、着色料・人口香料・防腐剤すべて不使用のオールナチュラルドッグフードです。

筋肉の発達に必要な消化性の高いタンパク質を配合しています。

マイクロバイオーム(腸内細菌叢)を育み活性化させることで腸内環境を整え、涙やけや便の悩みにも効果的です。

100%全額返金保証も行っています。

プラペCP  チキン&ターキー詳細ページはこちら


Amazonで見る

プラペCP  チキン&ターキーの口コミ

3ヵ月のトイプードルをお迎えしました。

最初、ブリーダーさんから頂いた別メーカーのドッグフードをあげていましたが、全然食べてくれず。

仕方ないのでウェットをトッピングすると多少は食べてくれるものの完食には程遠い少食ぶり。

そんな中こちらを見つけ、まずはHPでサンプルを購入。食いつきがなかなか良く、完食はしないものの明らかに食べてくれる量が増えたため、サンプルを食べ切ったタイミングでこちらの2kを購入。

袋を開けると香りが食欲をそそるのか興奮ぎみにしっぽ振って待ってました。今ではウェットフードのトッピングなしで完食してくれる程気に入ってくれています。人間からみても、香りや質感が他のと違うのがわかります。これからもリピートします。

引用先:Amazon

11位:ソリッドゴールドマイティミニ

価格 2,420円(税込)
原材料 ラム、ドライラム、ドライオーシャンフィッシュ、ガルバンゾー豆、えんどう豆、スィートポテトなど
原産国 アメリカ産
カロリー 375kcal/100g
対象年齢 全年齢

ラム肉が主原料の高タンパク・高脂肪グレインフリーフード「ソリッドゴールドマイティミニ」です。

良質なタンパク質が豊富に含まれているので、活発な小型犬や小食な犬におすすめ。

穀物や不要な添加物は不使用なので、愛犬に安心して与えられます。

皮膚と被毛の状態を改善する、脳の活性化や網膜の健康にも良いサーモン油を配合しています。

子犬から成犬まで全犬種におすすめのドッグフードです。

楽天市場で見る


Amazonで見る

ソリッドゴールドマイティミニの口コミ

13歳になる我が家のヨーキーは11歳ごろ、おもらしをするなど弱った時期がありましたが、グレインフリーのフードに変えてから、すごく元気になり、トリミングや動物病院では「若いですね」と言われます。

グレインフリーで価格が手ごろで、小粒のフードは選択肢が少ないのですが、このフードは、小粒で食べやすそうです。

引用先:Amazon

12位:ウェルネス穀物不使用 全犬種用 1歳以上用 白身魚

価格 2,376円(税込)
原材料 白身魚、じゃがいも、えんどう、メンハーデン(魚)ミール、ひよこ豆、乾燥粗挽きじゃがいもなど
原産国 アメリカ産
カロリー 356kcal/100g
対象年齢 1歳以上

米や小麦を一切使用していないドッグフード「ウェルネス穀物不使用 全犬種用」です。

主原料に白身魚を使用し、4種類の乳酸菌(プロバイオティクス)と食物繊維の配合でおなかの中から健康維持をサポートします。

家禽副産物(鶏、七面鳥などの家禽類の頭、足、腸)、小麦、とうもろこし、大豆、乳、卵、着色料、香料不使用なのでアレルギーや消化不良が心配なワンちゃんにもおすすめです。

ウェルネス穀物不使用 全犬種用詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

ウェルネス穀物不使用 全犬種用の口コミ

13位:Supremo(シュプレモ)牧場のレシピ

価格 2,202円(税込)
原材料 ビーフ、ポークミール、乾燥ポテト、エンドウマメ、ヒヨコマメ、ラムミールなど
原産国 アメリカ産
カロリー 370kcal/100g
対象年齢 生後8ヶ月以上

穀物を使用せず、ビーフのおいしさを際立たせた「Supremo(シュプレモ)牧場のレシピ」。

高品質なビーフ、ポテト、ホウレン草、パセリを中心とする13種類の厳選自然素材を使用し、ビーフの素材を活かし高タンパク製造されています。

消化性に優れた原材料を使用することで、消化吸収の健康維持にも配慮しており、安心安全に愛犬にあたえられます。

また、自然由来のオメガ6、3脂肪酸などにより愛犬の美しい皮膚・被毛の健康維持も期待できるおすすめのフードです。

Supremo(シュプレモ)詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

Supremo(シュプレモ)の口コミ

14位:ナチュロル

価格 通常価格:3,960円(税込)(850g)
定期購入:5,478円(税込)(850g×2袋)
原材料 鶏肉、牛肉、馬肉、魚肉、紫さつまいも、チーズ、ココナッツなど
原産国 国産
カロリー 400kcal/100g
対象年齢 全年齢

グレインフリーのドッグフードといえば「ナチュロル」です。

穀物を一切使用せず、炭水化物源としてタピオカを配合しているので消化にやさしくしっかり栄養素を取り入れられます。

新鮮で良質なお肉を選び、牛・鶏・馬・魚と異なる多様なタンパク源を組み合わせてアミノ酸をバランスよく配合

人が食べられる食材を使用したヒューマングレード処方のドッグフードです。

原材料がすべて記載されているのも安心ですね。

ナチュロル詳細ページはこちら


Amazonで見る

ナチュロルの口コミ

15位:ブラバンソンヌ 小型成犬用

価格 5,830円(税込)
原材料 チキン、さつまいも、レンズ豆、動物性油脂、えんどう豆など
原産国 ベルギー産
カロリー 355kcal/100g
対象年齢 1〜9歳

高タンパク質と天然素材で作られた「ブラバンソンヌ 小型成犬用」。

低温でゆっくり脱水したチキンを使用し、グレインフリーの原料で作られています。

穀物アレルギーや消化不良を起こす心配も少ないので安心ですね。

また、関節の健康維持に役立つグルコサミンとコンドロイチンも配合

天然のオリゴ糖が腸内細菌のバランスも調整してくれます。

豊富なオメガ-3/オメガ-6脂肪酸やDHA/EPAが健康な皮膚と美しい毛艶もサポートしてくれるおすすめのフードです。

ブラバンソンヌ 小型成犬用詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

ブラバンソンヌ 小型成犬用の口コミ

なかなか自分なりに納得のいくフードに出会えず、いろいろ試してきました。こちらのフードは成分割合がよく(室内飼いなのでタンパク質が多すぎない、オメガ3は多め等)、カロリーも高すぎず、原材料もやたら品目が多くなく、なにより安全への配慮が決め手でした。海外から輸入して来るものなので、日本でも定期的に品質チェックをしてくれることで安心できます。

1袋食べ終えましたが、便の調子もよく満足しています。しばらく続けてみようと思うのでリピートしました。

引用先:楽天市場

16位:オリジン オリジナル

価格 6,250円(税込)
原材料 新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮鶏内臓 (レバー・心臓) 、生の丸ごとニシン、新鮮卵など
原産国 アメリカ産
カロリー 386kcal/100g
対象年齢 全年齢

良質な原材料から生まれる良質なフード「オリジン オリジナル」です。

放し飼いで健康的に育った鶏や七面鳥、天然魚、平飼い卵など高品質な動物性原材料を全体の85%に配合し、その3分の2は新鮮または生のものを使用しています。

人工的な添加物は使用せず、無添加かつグレインフリー処方されているので愛犬にも安心して与えられます。

自然に近く愛犬が喜ぶ風味を提供しているおすすめのドッグフードです。

オリジン オリジナル詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

オリジン オリジナルの口コミ

こちらのフード。

わんこにとっても美味しさが分かるのかもしれません。。

我が家は比較的フード関連には厳しく、

人間の食べ物も、

与えて問題ない物を本でチェックして少量与える程度。

それでも今までのフードの場合、

人間の食べ物の方が美味しいと知ってるので、

何かをトッピングしなければ、

意地でもフードを食べない事があったんですが、

アカナの場合、

食べなくてもそのまま無視してれば、

すぐに諦めて食べ始めてくれます( ´艸`)。

もちろん食べてくれるだけでなく、

体調も、糞の状態も良く健康です。。

多少お値段が張りますが、

暫くはこのまま続けていこうと思います^^。

今回もおまけが豪華でした~♪

引用先:楽天市場

17位:POCHIザ・ドッグフード

価格 1,980円(税込)
原材料 サーモン生肉、フィッシュペプチド、ソラ豆、スイートポテト、リンゴ、エンドウ豆プロテインなど
原産国 オランダ産
カロリー 315kcal/100g
対象年齢 全年齢

100%フレッシュミートを使用した「POCHIザ・ドッグフード」。

原材料には、化学的な保存料や着色料、遺伝子組換え作物を一切使わない、消化にやさしいグレイン・グルテンフリーのドッグフードです。

栄養を損なわないよう丁寧にじっくり作る製法を採用し、素材の栄養をそのままに製造されています。

関節の健康維持のために緑イ貝を配合し、免疫の健康維持のためにβグルカンを配合するなど、犬の健康をとことん追求して作られているのもポイントです。

POCHIザ・ドッグフード詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

POCHIザ・ドッグフードの口コミ

18位:サクラペットフード プレミアム ドライフード

価格 初回価格 1,628円(税込) ※3個購入の場合
通常価格 2,178円(税込)
原材料 肉類(骨・皮・内臓を含まないビーフ)、チキンレバーパウダー、チキンエキス、でん粉類、 油脂類など
原産国 国産
カロリー 350kcal/100g
対象年齢 全年齢

国産・新鮮・無添加にこだわった「サクラペットフード プレミアム ドライフード」。

腸内環境を整え、おなかの中から健康を意識して作られたドッグフードです。

グレインフリー処方で、プロバイオティクスを配合

防腐剤や防カビ剤は無添加で化学合成保存料も不使用など、とことん犬の健康にこだわっています。

主原料には骨・皮・内臓を含まない国産ビーフを使用しているのもポイントです。

安心の国産ドッグフードです。

サクラペットフード プレミアム ドライフード詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

サクラペットフード プレミアム ドライフードの口コミ

好き嫌いが激しく、胃液を吐いても頑なに食べない我が子がガツガツとすぐに完食しました!

ゴハンを出してすぐに完食するのは初めてでとても感動しました

引用先:Amazon

19位:スーパーゴールド フィッシュ&ポテト 子犬・成犬用

価格 3,645円(税込)
原材料 ポテト、サーモンミール、ホワイトフィッシュミール、動物性脂肪、植物性油脂など
原産国 アメリカ産
カロリー 355kcal/100g
対象年齢 全年齢

魚とポテトが主原料の低アレルゲンフード「スーパーゴールド フィッシュ&ポテト 子犬・成犬用」。

アレルゲンになりにくい原料を使用し食物アレルギーに配慮した子犬・成犬用のフードです。

タンパク質は高品質な魚が主体でアミノ酸バランスにすぐれており、腸管内の内容物の臭いを吸着し、便臭をやわらげるユッカ抽出物も配合。

合成保存料や合成着色料は不使用の安心できるドッグフードです。

スーパーゴールド フィッシュ&ポテト 子犬・成犬用詳細ページはこちら


楽天市場で見る


Amazonで見る

スーパーゴールド フィッシュ&ポテト 子犬・成犬用の口コミ

我が家は、豆柴を飼っていますが、お腹をかきむしる事が常で、腹面の毛は一切抜けてしまっていた状態でしたが、こちらの商品を使ってから全くかきむしる事がなくなり、3ヶ月使用の現在では毛も生え揃いかなりの改善が見られる

引用先:楽天市場

20位:ピッコロ ドッグフード

価格 定期便価格 4,237円(税込)※個数により異なる
通常価格 4,708円(税込)
原材料 骨抜きチキン生肉、骨抜きサーモン、乾燥チキン、サツマイモなど
原産国 イギリス産
カロリー 355kcal/100g
対象年齢 7歳以上

シニア犬のために開発されたグレインフリーフード、「ピッコロ 」。

カロリー、脂質は控えめに設定しグルテンフリーも実現。

さらにヒューマングレードの高品質食材を使用しています。

チキンとサーモンを合わせて全体の70%使用しているので高タンパクかつ抜群の美味しさがポイントです。

シニア犬が気になる骨や関節ケアに効果的なグルコサミンやコンドロイチンも配合されています。

犬のからだのことを考えて作られたドッグフードなので、安心して愛犬に与えられますね。

ピッコロ ドッグフード詳細ページはこちら


Amazonで見る

ピッコロ ドッグフードの口コミ

10歳になった愛犬用です。いつまでも元気でいてほしいので、我が家には高級ではあるけれど頑張りました。食いつきも便も良好です。与え方の丁寧な説明もあり良かったです。

引用先:Amazon

グレインフリードッグフードのメリットとデメリット

前述のとおり、グレインフリードッグフードにはメリットもあればデメリットもあります。

グレインフリードッグフードがもたらすメリット・デメリットをしっかり把握し、愛犬に必要なものを選ぶようにしましょう。

グレインフリードッグフードのメリット

グレインフリードッグフードには大きく3つのメリットがあります。

  • 動物性タンパク質を使用している
  • 穀物アレルギーを防止できる
  • 涙やけにも効果が期待できる

穀物を使用していないグレインフリーのドッグフードには、動物性タンパク質が豊富に含まれている場合が多く、犬の健康にもおすすめです。

穀物アレルギーがある犬なら、アレルギー対策ができるのもメリットのひとつですね。

また、グレインフリードッグフードは消化不良を起こしにくい材料で作られています。

消化不良が起こると老廃物が溜まり、鼻涙管の詰まりにも影響が出る可能性があるため、グレインフリードッグフードを使用することで涙やけにも効果が期待できます。

グレインフリードッグフードのデメリット

グレインフリードッグフードのデメリットは以下のとおりです。

  • タンパク質の摂取を控えたい犬に不向き
  • 値段が高い
  • 国産のグレインフリードッグフードは少ない

グレインフリーフードは、肉や魚を主原料とする製品が多いため、動物性タンパク質を多く含んでいます。

シニア犬や、持病でタンパク質の摂取を控えたい犬の場合は、タンパク質含有量が少ないグレインフリードッグフードを選ぶか、グルテンフリーのドッグフードを視野に入れると良いでしょう。

肉や魚を主原料としているため、値段の高いドッグフードが多いのがデメリットのひとつです。

また、グレインフリーは海外での支持率が高いため、国産のグレインフリードッグフードが少ないのが現状です。

海外産が不安な方は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなどペットフードの安全に関する法規制や、行政等による規制がある国のドッグフードを検討してみるのをおすすめします。

グレインフリードッグフードとグルテンフリードッグフードの違い

グレインフリードッグフードは上記説明のとおり、「穀物」を使用していないドッグフードを指します。

一方グルテンフリードッグフードは、小麦・大麦などの麦類に含まれる「グルテン」というタンパク質を使用していません

混同しやすいですが、違いを理解し愛犬に合うドッグフード選びをしましょう。

子犬やシニア犬にグレインフリードッグフードを与える場合はタンパク質含有量に注意

「子犬やシニア犬でもグレインフリードッグフードを与えて大丈夫?」

結論として、問題ありません

ただし、タンパク質の含有量はしっかり確認が必要です。

成長期には良質なタンパク質が含まれているドッグフードが必要なため、グレインフリーの中でも「子犬用」のドッグフードを選ぶのがおすすめです。

逆にシニア犬の場合、運動量が少ないためタンパク質の摂取が多過ぎると肥満の原因になったり、腎臓に負担をかける場合があります

愛犬の年齢に応じて与えるドッグフードは変えるのが良いでしょう。

まとめ:グレインフリードッグフードを活用し犬のアレルギー対策を

今回は、おすすめのグレインフリードッグフードについて紹介しました。

穀物アレルギーを持つ犬にはグレインフリーのドッグフードはとてもおすすめです。

もちろんメリットばかりではないので、愛犬の体質や年齢に合わせて必要なドッグフード選びをすると良いでしょう。

この記事を参考に、愛犬に合ったドッグフードを見つけてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次